基礎収入について

死亡事故での逸失利益(基礎収入について)

 基礎収入は、逸失利益の算定の基礎となる収入のことであり、就労状況に応じて金額が決定されます。

給与所得者

 原則として事故前の収入額が基礎とされます(給与には給与、賞与、その他諸手当が含まれます)。

 将来起こるであろう昇給についても、公務員や大企業の従業員のように給与規定などが確立されている場合には考慮されます。

 また、退職金についても認められます。

事業主

 自営業、自由業、商工業、農林水産業者は、原則として事故前の申告所得が基礎収入とされます。

家事従事者

 原則として、賃金センサスの女性労働者の平均賃金が基礎収入とされます。

学生・年少者

 原則として、賃金センサスの平均賃金が基礎収入とされます。

無職者

 労働の意思があれば原則として、賃金センサスの平均賃金を基礎収入とされます。

死亡事故の逸失利益について

死亡事故の被害者の基礎収入について
死亡事故の被害者の生活費控除率について
死亡事故の被害者の就労可能年数について
死亡事故の被害者が年金受給者であった場合の逸失利益

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせメールでの交通事故の相談予約交通事故の相談の流れ

PAGETOP
運営:福岡県弁護士会所属(登録番号29660)弁護士 宮田卓弥 Copyright © 死亡事故の弁護士相談|弁護士法人たくみ法律事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.